巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

公開日: 更新日:

 にわかに存在感が増してきた。

 昨14日の広島戦。この日も巨人の4番に座った中田翔(33)が、四回に先制の2ランを左翼スタンドに放り込んだ。これで、チームでは2004年の小久保裕紀以来となる4番デビューから4試合連続打点。4戦2発と往時の迫力が蘇りつつあるのは喜ばしいが、「中田が打てば打つほど、ベンチにとっては悩ましい問題が浮上する」と球団OBがこう続ける。

【写真】この記事の関連写真を見る(20枚)

「坂本(勇人=33)のコンバート問題とリンクしますからね。腰痛で登録抹消中の坂本は、左わき腹を痛めて開幕に間に合わず、5月にも右ひざのじん帯損傷で離脱した。いよいよ、負担の大きいショートからのコンバートを考えなければいけない状態です。前回の抹消から昇格する際、原監督からは一塁での復帰を打診されたことが明らかになっている。これは坂本本人が拒否してコンバートは棚上げになっているものの、腰痛で再び戦線を離脱したことで、少なくとも来季のコンバートは待ったなし。現実的には坂本を遊撃から三塁、岡本和真を三塁から一塁に回すのがベストでしょう。中田が復活を果たしても、坂本と岡本のポジションが優先されるのは間違いない。中田を左翼に回すプランが浮上するはずです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも