原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(64)がついに決断した。11日の中日戦で中田翔(33)に「第91代・4番」を任せたのだ。

 その新4番は1回2死三塁から中日・松葉の9球目を捉え、先制の中前適時打を放った。

 中田は前日10日、中日の守護神R・マルティネスから決勝ソロを放つなど3安打。好調をキープしていた。昨年の巨人移籍後は初の4番となり、「4番はチームの勝敗を分けるところ。(日本ハムでは)うまくいかなければ4番を外されることもあった。でも自分を信じてやるしかない」と意気込んだ。

 一方、原監督が前日に「問題はやっぱり4番。乗り切れないね」と苦言を呈した岡本和真(26)は3年ぶりに4番から外れ、「6番・三塁」で出場。3打数無安打に終わった。巨人、広島で打撃コーチなどを歴任し、岡本和の育成に尽力した内田順三氏がこう言う。

「巨人の4番は特別な打順。本来は4番のまま乗り越えて欲しかった。今の岡本はボールを迎えにいってしまっている。私は原監督の下で長くコーチを務めていましたが、こういう時は岡本を監督室に呼んで懇々と諭しているはず。中田を二軍に落としたり、非情采配に驚きはありません。ただ、6番で起用するくらいなら、3試合でいいから時間が欲しいところ。古い話になりますが、私が広島の打撃コーチだった頃、往年の4番・山本浩二さんがスランプになると、古葉監督は『1カードやるから体を作り直せ』と3試合スタメンから外し、リフレッシュさせた。この間に特打やアメリカンノックで下半身を鍛え直してナイターではベンチに入る。2年連続2冠王の岡本に3日間だけ復活の時間を与えて欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声