松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

力士もマスク着用…ハダカで抱き合う相撲で「密です!」と言われてもねえ

公開日: 更新日:

 旅芸人が地方を経巡るのを昔はドサ回りと言った。江戸時代、罪人が佐渡へ島流しにされるとなかなか戻って来れないことになぞらえて、旅を回る芸人たちが「佐渡」をひっくり返して自虐的に「ドサ」と呼んだのだ。

 ドサ回りは江戸興行より格安で、そのぶん畏まらず、日頃はなかなか見せられぬ楽屋裏も披露して客との距離感を詰める。芝居の隈取り化粧を実演してみせたり、衣装の早変わりを披露したりした。

 相撲巡業も同じ。力士たちが日々切磋琢磨する稽古を披露し、日頃聴けない自慢の喉で相撲甚句を披露し、客の連れて来た赤ん坊を力士に抱かせて縁起ものとする。

 今回の巡業では、赤ん坊を抱かずに写真撮影会にとどめた。「初っ切り」ではコントのように力水を口に含んで相手の顔に吹き掛けるなどして相撲の禁じ手を面白おかしく演じるのだが、この水吹き掛けも自粛した。そのかわり、お互い禁じ手に腹を立てて「何だバカヤロ!」と顔を突き合わせようとした途端、行司が割って入って「密です!」。両者は仕方なくマスクをする。客席はドッと沸く。達者な座付き作家でも居るのか、実によく練られたギャグに置き換わった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声