北口榛花のやり投げ人生を変えたチェコ留学 始まりは1枚の名刺、言葉の壁“必笑”エピソード

公開日: 更新日:

チェコ語はほぼ独学

 最初はインスタのDMを使って英語でやりとりしていたんですが、会いに行ったら、(デービッドは)全然英語がしゃべれないから、何の詐欺かと思いました(笑)。あのメッセージはコーチの息子さんが書いていたのか、グーグル(翻訳)で書いていたのか……。

 いつもバリバリの英語で返してくるなと思っていたのに、いざ会ってみたら必ず誰かと一緒にいて、チームメートとか(デービッドの)息子さんとか、その人たちに全部、会話の内容を聞かせるんです。あの英語は何だったんだ……と衝撃を受けました。

 それがきっかけでチェコ語を勉強したのもあるんですが、チームメートとご飯に行ったとき、「日本」という単語が出たり私に時々目線が来たり、明らかに私の話をしているのに内容が分からない。良いことを言われているのか、悪いことを言われているのか気になって、とにかく内容が知りたかった。

■知っている単語をクイズのように並び替え

 最初は大使館が主催するチェコ語のセミナーにちょっとだけ通いました。そこでアルファベットの読み方は知ることができました。でも、夜8時スタートなので練習や試合があると疲れちゃって受けられる状態じゃなくなってしまった。

 なので、それ以外はほぼ独学。デービッドに言われた単語を聞き取って、その中で知っている単語が3つくらい出てきたら、クイズみたいな感じで並び替えながら会話していたのです。

 19年にチェコに渡り、1年半くらいでデービッドに注意されている内容が分かるようになり、今ではやり投げのことならほぼ理解できます。

 突然、チームメート同士で政治とかの話をされるとさすがに分かりませんけど。日本にいるときはまず(チェコ語を)使わない。メッセージでのやりとりでは使いますが、どうしても衰えちゃいますね。

(チェコでの始動は)年明けを予定しています、デービッドの気が変わらなければ(笑)。「家族は大事に」と言ってくれていますし、メールでも「クリスマスも家族で過ごしてね」と返してくれました。

 でも、「私はクリスマスより(日本で)年越しがしたい!」と伝えておきました(笑)。

北口榛花(きたぐち・はるか) 1998年3月16日、北海道旭川市出身。3歳のときに水泳を始める。東京五輪で57年ぶりのやり投げ種目決勝進出。世界陸上で3位となり、投てき種目で日本女子史上初となるメダルを獲得する。父は旭川市内のホテルで製菓料理長を務めるパティシエ。母は元バスケットボール実業団選手。179センチ、86キロ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?