日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

明け方まで酒飲んで二日酔い会見 白鵬“審判批判”の一部始終

「子供が見てもわかる相撲。なんで取り直しをしたのか」

 横綱の強い口調に、報道陣は耳を疑った。初場所の優勝から一夜明けた26日、宮城野部屋で行われた横綱白鵬(29)の会見。初場所で全勝し、大鵬超えとなる歴代単独最多の33回目優勝に花を添えた。

 明け方近くまで酒を飲んでいた白鵬は1時間遅れで部屋に到着。最初は和やかに話していたものの、突如、「疑惑の相撲がひとつある」と語気を強めて冒頭のセリフを言うや、こう続けたのだ。

「悲しい思いをした。ビデオ判定は元お相撲さん(親方衆)でしょ。二度とこんなことがないよう、緊張感を持ってやってほしい」

 異例の審判部批判に、何とか軌道修正しようとした司会者を無視し、「肌の色は関係ない。土俵に上がってまげを結ってるなら日本の魂。みんな同じ人間です」と、“誤審”のウラに“人種差別”があることまで口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事