チーム防御率2.75は12球団トップ! 日本ハム建山義紀投手コーチの「本当の評判」

公開日: 更新日:

 目下、チーム防御率2.75は12球団トップだ。

 交流戦を5位で乗り切った日本ハムの好調は投手陣が支えている。リーグ5位の防御率3.46だった昨季から一転、目覚ましい変化を遂げた。

 昨季の新庄剛志監督(51)は「トライアウト」のために、変則的な投手起用が目立った。今季は勝利のためにそれが無くなったことも関係しているのだろうが、「一番の要因は昨オフ就任したOBの建山義紀投手コーチ(47)でしょう」とは球団OB。

 建山投手コーチは現役時代の06年、中継ぎとして新庄監督とともに日本一を経験。メジャー挑戦や阪神を経て、引退後は東京五輪を含む日本代表チームの投手コーチを歴任した。新庄監督が就任当初から投手コーチとしてオファーを出していたといわれる人物でもある。

「謙虚だから選手たちは親しみやすい。現役時代に中継ぎで第一線を張っていた頃も、裏方に『投球で気付いたことがあれば何でも言ってください』と頭を下げていた。驚きましたよ。そんな選手はまずいませんから。そして、非常に研究熱心だった。トレーニングや投球技術、相手打者のこと、状況ごとの対応など満遍なく緻密にこなしていた。いわば頭脳派投手でした。それが解説にも生きていたし、その解説を参考にしていた選手もいたと聞く。指導法も、自身が現役時代にフォームを変えなかっただけに、実際にプレーする選手の意見や感覚を尊重しながらやっているそうです」(同前)

 新庄監督は「今年はコーチの言うことも聞く」と宣言したが、投手起用は建山投手コーチに一任しているとも。このところ万波や清宮の活躍がメディアを沸かせているが、縁の下には力持ちがいるようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」