著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

移籍出遅れのラツィオ鎌田大地は「やりたかった」ポジションで荒波を乗り越える

公開日: 更新日:

鎌田大地(ラツィオ/MF/27歳)

「2チームに絞っていたんで、どちらかには行けるだろうなと思っていた。それが両方難しくなった時は一番大変だった。とりあえず今は決まってよかったです」

 今夏の欧州移籍市場の目玉と言われながら、8月初旬まで新天地探しがズレこんだ鎌田大地(ラツィオ)。9月19日にCLのアトレチコ・マドリード戦に先発。新天地イタリアでの本格的な挑戦が始まった。

「来季(の移籍先)は代表ウイークが終わればもう決まるだろうし、そこに行けば新しい競争があったりして大変だと思う。しっかりいい準備をしていきたいですね」

 日本代表6月シリーズのエルサルバドル(豊田)、ペルー(吹田)との2連戦の際、自身の去就についてこう語った鎌田。この時点では先行きを楽観視している様子だった。

 昨季限りでフランクフルトとの契約を満了し、移籍金なしで新天地へ赴ける立場の彼には、数々のビッグクラブから熱視線が注がれた。その中で本人は「CL常連クラブ」にターゲットに絞り、ACミラン入りが確実だと見られていた。

 ところが、6月初旬にパオロ・マルディーニTDら強化部首脳が解任され、ミラン側の方向性が一変。移籍話が暗礁に乗り上げた。第一希望を失った鎌田は次なる候補に切り替えたようだが、それもまとまらず、本当に苦しい時期を過ごした。

 結局、ラツィオに落ち着いたのは8月4日。セリエA開幕まで2週間というタイミングで新天地適応が課題だと目された。

 鎌田の実力を懐疑的に見るメディアもいる中、彼は9月2日のナポリ戦で強烈な左足ゴールをお見舞い。点の取れるインサイドハーフ(IH)であることを強烈に印象づけた。

「ブランクが長かったので難しくなるだろうと思っていて、実際に簡単じゃなかったし、チームも難しい時期を過ごしていた。そういう中、自分自身も強い覚悟でナポリ戦に挑んだ。結果がほしいと思っていたので、本当によかった」と9月の代表活動に合流した鎌田は安堵感を吐露していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…