著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

遠藤航はリバプールの大黒柱になれる ドイツの“デュエル王”が秘めたポテンシャル

公開日: 更新日:

遠藤航(リバプール・MF・30歳)

「リバプールに行ってもやることは変わらないので焦らずと言うか。連戦だし、チャンスが全くないとは思わないので。(シュツットガルト時代に比べて)出場時間は限られると思いますけど、スタメンだろうがサブだろうが、自分のできることを全力でやるだけです」

 日本代表の9月の欧州遠征.2連戦の後、新天地で本格的な競争に身を投じた遠藤航。スタメン抜擢された9月21日のEL・LASKリンツ戦はやや低評価だったこともあり、ここから巻き返しが求められる。

「航のようなデュエル(対人)やボール奪取力に秀でる選手は(リバプールのユルゲン・)クロップ(監督)が大好きなタイプ。リバプールは『(三笘薫=ブライトンの元同僚でチェルシーに引き抜かれた)カイセドを逃して航を取った』と言われているけど、『航で十分だ』と証明してほしいよね」

 クロップのドルトムント時代の教え子・香川真司(C大阪)が期待を示した通り、今夏、名門移籍を勝ち取った30歳・遠藤航への世界的注目度は一気に高まった。

「確かに周りの反応は凄かった。もちろんカイセドと比べられているのは分かってますけど、自分はリバプールに求められている選手だと自覚を持ってプレーすることが大事。監督と会って話しても期待は凄く感じるし、それをピッチ上で表現するだけですね」と本人も9月の代表合流時に強い意気込みを示していた。

「シュツットガルト前主将のドイツ凱旋試合」とも位置付けられたドイツ戦(9日=ボルフスブルク)の一挙手一投足も圧巻だった。とりわけ際立ったのが、相手主将・ギュンドアン(バルセロナ)からボールを奪った前半27分のシーン。

「そこはかなり意識したし、リバプールで求められている部分。ギュンドアンに体をうまく当てに行って先にボールに触れられた。ああいうところで勝てるか、勝てないかで試合展開が大きく変わる」と強調。駆け引きで勝利した自信をのぞかせた。

 続く12日のトルコ戦(ゲンク)でも3-2に追い込まれた後半に登場し、中盤を確実にコントロール。頭抜けた戦術眼と統率力でチームを落ち着かせた。

 遠藤と伊東純也(スタッド・ランス)がいなかったら、控え組主体の日本はひっくり返されていた可能性もあった。その冷静さと落ち着きをリバプールでも遺憾なく発揮すべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…