初芝清
著者のコラム一覧
初芝清オールフロンティア監督・野球解説者

1967年2月26日生まれ。東京都豊島区出身。二松学舍大付高卒業後、社会人野球の東芝府中で都市対抗に3度出場。88年ドラフト4位でロッテ入団。95年に打点王、ベストナインを獲得するなど強打の三塁手として活躍。「ミスターマリーンズ」の愛称でロッテ一筋17年、2005年に引退。通算1732試合で打率.265、232本塁打、879打点。07~10年社会人のかずさマジックでコーチ。14~19年セガサミー監督を務め、日本選手権準優勝、都市対抗4強など。現在はオールフロンティア監督。野球解説者。

「ミスターアマ野球」が私のベッドの上で突然嘔吐…史上初プロアマ混合チームの思い出

公開日: 更新日:

 史上初のプロとアマの混成チームで臨んだ1999年のシドニー五輪アジア予選。チームの結束を高めるため、夜のソウルの街に繰り出したかったが、ここは敵地。何があるか分からないから、宿舎から出られなかった。

 国際大会やアマの選手を知り尽くしている「ミスターアマ野球」こと杉浦正則(日本生命)とは私の部屋でよく飲んだ。他のアマ選手との橋渡し役にもなってくれて、いつの間にか私の部屋が「たまり場」になった。なんといっても印象深いのは鷹野史寿(日産自動車)である。

 私のベッドの上に座り込んで酒を飲むものだから、「ベッドの上はやめろ」と言っても聞いてくれない。飲みっぷりが良く、いける口だと思った。会話も普通にしていて、酔った様子もないのに、突然ベッドの上で“リバース”。

 あれは参った。臭いは消えないし、とても寝られたもんじゃない。そんなことをやりながら、プロとアマの壁を取り払っていった。鷹野はその後、大阪近鉄に入団し、最後は楽天。今では楽天のコーチを務めている。

 決勝リーグ2戦目の中国戦も相手投手を打ちあぐねたものの、杉浦が好投して3-0で勝利。韓国と2戦2勝で並び、上位2位以内が確定し、シドニー五輪出場が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?