ツアー初Vの阿部未悠と佐久間朱莉の明暗を分けた「名物16番H」のピンポジション

公開日: 更新日:

【富士フイルム・スタジオアリス女子オープン】最終日

 通算8アンダー発進の阿部未悠(23)と佐久間朱莉(21)の優勝争いは、阿部が14番から怒涛の4連続バーディーでスコア65と爆発。トーナメントレコードの通算15アンダーで念願のツアー初優勝を飾った。

 阿部は父親の影響でゴルフを始め、通ったスクールにいた小祝さくら(25)に憧れてプロを目指し、2020年のテストに合格。この時のトップが佐久間だった。

 この日、1番イーグルで序盤から主導権を握る佐久間を、阿部がとらえたのはグリーンが池に囲まれた名物の16番(185ヤード・パー3)。奥行き52ヤードの大きな2段グリーンはピンポジションによってクラブが4番手も変わる。最終日は手前から8ヤード・左4ヤードで実測166ヤード。阿部は先に7メートルのバーディーパットを沈めて通算14アンダーの佐久間に追いつく。佐久間は6メートルのチャンスを決められず、17番もバーディーの阿部に逆転された。

 勝負に「タラレバ」はないが、ピンが上段にあったら阿部の猛攻は16番で止まっていたかもしれない。16番のピン位置は前日まで傾斜のきつい上段の右サイド。実測距離はいずれも180ヤード前後で難易度は18ホール中2番目に高かった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める