エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

公開日: 更新日:

 打って44本塁打、投げて10勝(5敗)の大谷翔平(29=ドジャース)がオフに退団。主砲兼エースの大黒柱を失ったにもかかわらず、めぼしい補強をしなかったエンゼルスが、意外にも気を吐いている。

 開幕したばかりとはいえ、日本時間10日現在、6勝5敗で昨年のワールドシリーズを制したレンジャーズと並んでア・リーグ西地区の首位にいるのだ。

 二刀流の看板選手がいなくなったのに、好スタートを切ったのはなぜか。

「大谷が抜けたことがマイナスでなく、プラスに作用しているかもしれません」と特派員のひとりがこう続ける。

「二刀流の大谷がエースだったことで、昨年までのエンゼルスは先発6人制だった。しかも大谷の体調によって、他の先発の登板間隔がズレることもあった。けれども、大谷が抜けて先発は5人に。規則正しくローテーションを回せるようになったのは大きい」

 エンゼルスのチーム防御率5.20は、30球団中27位。全体としてみれば芳しくないものの、アンダーソン(34)は計2試合、14回を投げて2勝0敗、無失点。デトマーズ(24)は計2試合で2勝0敗、防御率1.64。エース格の2人が確実に計算できるようになった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今