大谷にFBIから「無実」お墨付き 自身の潔白証明され、いよいよ本塁打量産態勢へ

公開日: 更新日:

 米紙ニューヨーク(NY)・タイムズは日本時間11日、ドジャース大谷翔平(29)の通訳だった水原一平氏(39)が違法賭博と不正送金を認める方向でFBI(米連邦捜査局)と交渉していると報じた。

 これを受けて米ニュースサイト「TMZ」は「FBIは大谷がこの一連の不正行為に関与していなかっただけでなく、詐欺の被害者であったと結論づけた」と報道。同サイトでは複数の関係者の話として「先月、調査を開始したFBIは水原氏がウソをついたと最終判断した。大谷は水原氏の借金について全く知らず、水原氏が大谷に知られずに口座から送金していた」と伝えた。水原氏に当初、インタビューを行ったスポーツ専門局ESPNも「大谷の説明は正確だったと捜査を直接知る情報筋が語った」としている。

 NYタイムズ紙によると、FBIは既に大谷への聴取を済ませたそうだが、仮に捜査当局の聞き取りが4月に入ってから行われていたとすれば、大谷が調子を上げ始めた時期と一致する。

 開幕から打球に角度がつかず、移籍後初本塁打を放ったのは4日のジャイアンツ戦。信頼を寄せていた水原氏に裏切られたショックもあってか、自己ワーストを更新する開幕から9試合、41打席目での一発となったが、その後は復調。自己最長の5戦連続マルチ安打を記録すると、11日のツインズ戦まで7戦連続安打をマークした。

 自身の潔白が明らかとなり、ようやく野球に集中する環境が整い始めた。ダルとの再戦が予定される13日のパドレス戦から、本塁打の量産態勢に入るかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった