DeNA筒香嘉智の気になる一軍昇格「Xデー」…落合博満氏は「体は簡単に戻らない」と指摘

公開日: 更新日:

 入団会見に続き、日本初実戦も大盛況だった。

 DeNAの筒香嘉智(32)が20日の巨人・二軍戦(横須賀)に出場し、2打数1安打1打点。開門前に行列ができるなど、3000人近いファンが訪れ、5年ぶりの背番号25に声援を送った。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 ファンが気になるのはいつ一軍に上がるのか、だろう。本人は早期昇格を目指しており、「早ければ23日の阪神戦(横浜)から」と報じるメディアもある。

「今季は米国でほとんど試合に出ていない。そんな早くに上がっても、簡単には打てませんよ」と、球団OBがこう続ける。

「元中日監督の落合博満さんはTBSの番組で、『まだ本調子じゃないんだろうと思います。1カ月ぐらいゲームやってない。まだ慣らしの段階だと思う。米国で野球をやってた悪い部分をそのまま持ち込んでいるっていうような感じ。来月の半ばぐらいからでいいとは思う。そんな簡単に体って元に戻るもんじゃありません』と、解説していた。筒香は米国の投手の動く球に対応しようと、構えた時のグリップの位置を調整し、打つポイントの位置を後ろにズラすなど、改良を重ねた。日本と米国の投手ではタイミングの取り方が違うため、もう一回打撃を変えないといけない。結果を度外視するというなら明日にでも一軍でやれるでしょうけど、ファンの期待は大きく、本人も恥ずかしい姿は見せられないでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった