名馬タイトルホルダー生産者・岡田スタッド代表の岡田牧雄氏が明かす「凱旋門賞」参戦の舞台裏

公開日: 更新日:

 今週の中央競馬GⅠは上半期を締めくくる宝塚記念で、2年前のこのレースを制したのがタイトルホルダーだ。勝ち時計2分9秒7はコースレコード。菊花賞、天皇賞・春に続く3つ目のGⅠタイトルを獲得したことから、その年の秋は凱旋門賞に参戦した。世界の頂点を目指す決断の裏には、紆余曲折があった。生産した岡田スタッド代表の岡田牧雄氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 2018年2月10日に岡田スタッドで生まれた牡馬のタイトルホルダーは、母メーヴェとの離乳を終えて育成が行われると、デビュー前から異彩を放っていた。

「中期育成で夜間放牧に出すと、まったくへこたれずにヘッチャラという感じでした。並の馬だと数日でどこか痛いところが出てくるけど、そんなことはなく平然としていたから走るだろうなという手ごたえがあった。それが確信に変わったのが本格的なトレーニングを行うようになってからです。2歳春になってウチの坂路を2本追ってもケロッとしていて、まったく息が上がらない。心肺機能がズバぬけていました。こんな馬は初めてでしたが、母メーヴェから長距離適性を受け継いだのでしょう。2歳3月の時点でスタッフとは、『菊花賞と翌年の天皇賞・春を絶対に取る』と誓い合っていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方