「小山ちれ事件」と「智和」の名前に込められた親心

公開日: 更新日:

 アマチュア選手にとって、日本は天国だ。

 実業団に所属すれば、練習時間、練習場所、報酬、宿舎、将来の保証とアスリートファーストで整えられ、競技に集中できる。張本智和の父・宇さん(47)を含め中国の卓球OBが日本で指導に当たるのは、この環境に引き寄せられてのこと。宮城県の卓球関係者はこう話す。

「当時、日本の給料がよかったからね。ここで生活して、実家にも仕送りが出来た。やがて宇さんのように帰化して、卓球場を開設した中国人は、いまでは愛知、大阪、全国の6、7カ所にいる。その子供たちが力をつけて大会の上位にいますよ。張本君だけじゃなくね」

 しかし、日中関係は複雑だ。

 中国の関係者に忘れられないのが、アジア大会での小山ちれの優勝という“事件”だ。中国代表として世界選手権などで活躍した小山が日本人コーチと国際結婚し、日本国籍を取得。1994年の広島アジア大会には日の丸をつけて、決勝で中国のエース鄧亜萍に逆転で金メダルを獲得した――中国で大問題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る