「小山ちれ事件」と「智和」の名前に込められた親心

公開日:  更新日:

 アマチュア選手にとって、日本は天国だ。

 実業団に所属すれば、練習時間、練習場所、報酬、宿舎、将来の保証とアスリートファーストで整えられ、競技に集中できる。張本智和の父・宇さん(47)を含め中国の卓球OBが日本で指導に当たるのは、この環境に引き寄せられてのこと。宮城県の卓球関係者はこう話す。

「当時、日本の給料がよかったからね。ここで生活して、実家にも仕送りが出来た。やがて宇さんのように帰化して、卓球場を開設した中国人は、いまでは愛知、大阪、全国の6、7カ所にいる。その子供たちが力をつけて大会の上位にいますよ。張本君だけじゃなくね」

 しかし、日中関係は複雑だ。

 中国の関係者に忘れられないのが、アジア大会での小山ちれの優勝という“事件”だ。中国代表として世界選手権などで活躍した小山が日本人コーチと国際結婚し、日本国籍を取得。1994年の広島アジア大会には日の丸をつけて、決勝で中国のエース鄧亜萍に逆転で金メダルを獲得した――中国で大問題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る