「小山ちれ事件」と「智和」の名前に込められた親心

公開日:  更新日:

 アマチュア選手にとって、日本は天国だ。

 実業団に所属すれば、練習時間、練習場所、報酬、宿舎、将来の保証とアスリートファーストで整えられ、競技に集中できる。張本智和の父・宇さん(47)を含め中国の卓球OBが日本で指導に当たるのは、この環境に引き寄せられてのこと。宮城県の卓球関係者はこう話す。

「当時、日本の給料がよかったからね。ここで生活して、実家にも仕送りが出来た。やがて宇さんのように帰化して、卓球場を開設した中国人は、いまでは愛知、大阪、全国の6、7カ所にいる。その子供たちが力をつけて大会の上位にいますよ。張本君だけじゃなくね」

 しかし、日中関係は複雑だ。

 中国の関係者に忘れられないのが、アジア大会での小山ちれの優勝という“事件”だ。中国代表として世界選手権などで活躍した小山が日本人コーチと国際結婚し、日本国籍を取得。1994年の広島アジア大会には日の丸をつけて、決勝で中国のエース鄧亜萍に逆転で金メダルを獲得した――中国で大問題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る