昨年のマーメイドS覇者ビッグリボンは故郷の下河辺牧場で繁殖入り…菊花賞馬キセキの“全妹”の第二の馬生は?

公開日: 更新日:

 牝馬限定のGⅢマーメイドSは、ハンデ戦とあって荒れやすい。2008年は最軽量48キロで12番人気のトーホウシャインが勝ち、10番人気ピースオブラヴと5番人気ソリッドプラチナムを引き連れたことで、3連単は193万350円の特大万馬券に。そんな波乱傾向のレースで昨年、堂々の1番人気で重賞タイトルをゲットしたのがビッグリボンだ。今年1月に現役を引退。生まれ故郷の下河辺牧場に戻り、第二の馬生を送っている。いまどうしているのか。代表の下河辺行雄さんに聞いた。

   ◇   ◇   ◇  

「この馬は元々、ツメが薄く、牧場に戻って1カ月ほどはこれからの繁殖生活に備えて、しっかりとツメを治療しました。おかげさまでツメはすっかりよくなり、すこぶる順調。ええ、馬体や内臓などはとにかく健康ですよ。放牧地をのんびりと駆け回り、時々、休んで青草を食べています。青草の栄養価が高くなるのは、ちょうどこれからですから、繁殖牝馬としてたくさん食べて、元気に子供を育ててほしいですね」

 気になるのは、今年の種付けだ。どの種牡馬を配合したのか。

「パレスマリスです。今年が初めての種付けですが、お母さんとして立派に終えてくれました。菊花賞馬キセキの全妹ですからね。いまから来年が楽しみでなりません」

 この馬の祖母ロンドンブリッジは、ファンタジーSを勝ち、桜花賞で②着。その祖母はオークス馬のダイワエルシエーロ(父サンデーサイレンス)、アーリントンCと京都金杯を制するビッグプラネットなど重賞活躍馬を続々と輩出。ディープインパクトとの間に生まれた母ブリッツフィナーレは競走生活がなく繁殖に上がると、ルーラーシップを配合して生まれた3番仔がキセキだ。キセキと全妹の関係になるビッグリボンは5番仔である。

「ロンドンブリッジもウチの生産で、そこから広がる血脈はウチの宝ですよ。現役時代にビッグリボンを管理していただいた中内田調教師が大事に使ってくれ、ローテーションも慎重に工夫してくれたおかげで、とてもいい状態で牧場に戻ってきてくれたので、この血脈をさらにつなぐことができます。ロンドンブリッジから数えると、ビッグリボンの子供は4代目。ほんとどんな子供が生まれてくるか。とにかく楽しみですし、だからこそ健康にはとても気をつけています」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変