2年ぶりV石川遼は大会“広報部長”としても獅子奮迅 実行委員長兼務でピンマイク付けプレー

公開日: 更新日:

 ジャパンゴルフツアー選手会主催のプレーヤーズチャンピオンシップ(栃木・西那須野CC)最終日(23日)、大会実行委員長を務めた石川遼(32)が6バーディー、2ボギーの68で回り、通算21アンダーで2年ぶりの19勝目を挙げた。

 人気低迷が続く国内男子ツアー。石川はこの大会で「広報部長」としても奮闘した。プレー中にテレビ放送用のピンマイクも装着。生放送中にキャディーとの会話を中継した。レギュラーツアーの選手としては初めてというこの試みで、視聴者を盛り上げた。

 国内男子プロで随一の人気、知名度を誇る石川は、今年1月の選手会理事会で副会長に復職した。2018年度に会長を務めた後、20年から副会長に就任したが、コロナ禍の21年11月に米国帰国時の自主隔離を巡る問題で辞任。理事にとどまったうえでみそぎを済ませ、ファンプロジェクト委員との兼務で男子ツアーの盛り上げ役を担う。

 既存のスポンサー回り、新規顧客開拓においても、石川が一役買っているともっぱら。人気低迷の「元凶」と言われた青木功前JGTO会長が3月にようやく退任したものの、国内男子の今後は、石川広報部長の双肩にかかっているようだ。

  ◇  ◇  ◇

 国内男子ツアーの人気低迷ぶりは悲惨の一言に尽きる。日程は虫食い状態で録画放送がはびこり、コースは低レベル。そんな事態を招いた「元凶」について、●関連記事【もっと読む】…で詳しく報じている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方