なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)は三冠王を射程圏内に捉えているが、その勝負弱さは相変わらず。得点圏打率.235はリーグ51位。得点圏での打点は27、本塁打はわずか1本。チャンスに限れば並の打者になってしまう。【前編】からつづく。

  ◇  ◇  ◇

 大谷はそもそも勝負弱い打者ではない。過去3年の得点圏打率をみると、21年.284、22年.314、23年.317。いずれも、その年の打率を上回っているから、むしろ勝負強いといえる。

 それが、今年に限ってチャンスに弱いのはなぜか。

 大谷は4タコに終わった6月14日のレンジャーズ戦後、チャンスでいい当たりが出ないのは力が入っているためかと聞かれ、「基本的には変わらないです」と否定した上で、「ランナーがいない方が基本的には甘い球はくるものではあるので。統計を取ればその通りになる」と答えている。

 言い換えれば、ランナーがいるときは甘い球がこない確率が高いということだが、エンゼルス時代は得点圏に走者がいるときの方がいないときより打率が良かった。大谷の言葉を借りれば「甘くない球」を攻略していたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」