「検察側の罪人」雫井脩介著

公開日: 更新日:

<「正義」を問う長編ミステリー>

 東京地検の刑事部に所属するベテラン検事の最上は、蒲田で老夫婦が刺殺された事件の初動捜査から立ち会う。

 やがて、被害者が金を貸していた競馬仲間数人が捜査線上に浮上。リストを見た最上は、松倉という男の名に見覚えがあった。二十数年前、最上が青春時代を過ごした独身寮の管理人の娘が殺されるという事件があり、松倉はその容疑者として名前が挙がっていた。だが、警察は松倉の犯行を立証できず、事件は迷宮入りのまま時効を迎えていた。松倉を犯人と疑う最上は、過去の事件の償いもさせたいと心に誓う。しかし、若手検事の沖野には、松倉が犯人とは思えなかった。

 正義とは何かを問う迫真の長編ミステリー。
(文藝春秋 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る