「検察側の罪人」雫井脩介著

公開日: 更新日:

<「正義」を問う長編ミステリー>

 東京地検の刑事部に所属するベテラン検事の最上は、蒲田で老夫婦が刺殺された事件の初動捜査から立ち会う。

 やがて、被害者が金を貸していた競馬仲間数人が捜査線上に浮上。リストを見た最上は、松倉という男の名に見覚えがあった。二十数年前、最上が青春時代を過ごした独身寮の管理人の娘が殺されるという事件があり、松倉はその容疑者として名前が挙がっていた。だが、警察は松倉の犯行を立証できず、事件は迷宮入りのまま時効を迎えていた。松倉を犯人と疑う最上は、過去の事件の償いもさせたいと心に誓う。しかし、若手検事の沖野には、松倉が犯人とは思えなかった。

 正義とは何かを問う迫真の長編ミステリー。
(文藝春秋 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード