「繚乱の人」宮崎義敬著

公開日: 更新日:

<平良リヱ子の波乱の人生>

 沖縄舞踏家、平良リヱ子(84)の波乱の人生を描いた評伝。

 沖縄で共に教職についていた両親の長女として生まれたが、向学の志高い父親は単身、東京へ。やがて、一家も上京するが、両親は離婚状態となり、貧しい母子暮らしの中、彼女は踊りの才能を認められ、日本舞踊の稽古に無料で通うことを許される。しかし、空襲で焼け出されて疎開。敗戦後、生計を1人で支える中、聞こえてきた三線の音に導かれて沖縄舞踊に出合い、沖縄出身者として忘れられつつあった古典舞踊の継承を決意する。そんな中、琉球王府に伝わる「御冠船踊り」の最後の継承者といわれる渡嘉敷守良と巡り合い、師事する。
(展望社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード