「繚乱の人」宮崎義敬著

公開日:  更新日:

<平良リヱ子の波乱の人生>

 沖縄舞踏家、平良リヱ子(84)の波乱の人生を描いた評伝。

 沖縄で共に教職についていた両親の長女として生まれたが、向学の志高い父親は単身、東京へ。やがて、一家も上京するが、両親は離婚状態となり、貧しい母子暮らしの中、彼女は踊りの才能を認められ、日本舞踊の稽古に無料で通うことを許される。しかし、空襲で焼け出されて疎開。敗戦後、生計を1人で支える中、聞こえてきた三線の音に導かれて沖縄舞踊に出合い、沖縄出身者として忘れられつつあった古典舞踊の継承を決意する。そんな中、琉球王府に伝わる「御冠船踊り」の最後の継承者といわれる渡嘉敷守良と巡り合い、師事する。
(展望社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る