「繚乱の人」宮崎義敬著

公開日: 更新日:

<平良リヱ子の波乱の人生>

 沖縄舞踏家、平良リヱ子(84)の波乱の人生を描いた評伝。

 沖縄で共に教職についていた両親の長女として生まれたが、向学の志高い父親は単身、東京へ。やがて、一家も上京するが、両親は離婚状態となり、貧しい母子暮らしの中、彼女は踊りの才能を認められ、日本舞踊の稽古に無料で通うことを許される。しかし、空襲で焼け出されて疎開。敗戦後、生計を1人で支える中、聞こえてきた三線の音に導かれて沖縄舞踊に出合い、沖縄出身者として忘れられつつあった古典舞踊の継承を決意する。そんな中、琉球王府に伝わる「御冠船踊り」の最後の継承者といわれる渡嘉敷守良と巡り合い、師事する。
(展望社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る