• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「繚乱の人」宮崎義敬著

<平良リヱ子の波乱の人生>

 沖縄舞踏家、平良リヱ子(84)の波乱の人生を描いた評伝。

 沖縄で共に教職についていた両親の長女として生まれたが、向学の志高い父親は単身、東京へ。やがて、一家も上京するが、両親は離婚状態となり、貧しい母子暮らしの中、彼女は踊りの才能を認められ、日本舞踊の稽古に無料で通うことを許される。しかし、空襲で焼け出されて疎開。敗戦後、生計を1人で支える中、聞こえてきた三線の音に導かれて沖縄舞踊に出合い、沖縄出身者として忘れられつつあった古典舞踊の継承を決意する。そんな中、琉球王府に伝わる「御冠船踊り」の最後の継承者といわれる渡嘉敷守良と巡り合い、師事する。
(展望社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る