「海と月の迷路」大沢在昌著

公開日: 更新日:

<隔離された島で起きた“密室”事件>

 N半島の沖合に浮かぶ炭鉱の島、軍艦島には、鉱夫など5000人以上が住んでいた。昭和34年、13歳の少女が海で死体となって発見される。赴任したばかりの荒巻巡査が死体を検分していたとき、「死因は」と尋ねた男がいた。下請けの組夫、長谷川だった。長谷川はさらに「満月のときは血が騒ぐ奴がいる」と謎の言葉をつぶやく。やがて、8年前にも13歳の少女が溺死した事件があったことが判明する。

 外界から隔離された島という密室で、閉ざされた人間関係が生み出す犯罪を描いたサスペンス。
(毎日新聞社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る