「海と月の迷路」大沢在昌著

公開日: 更新日:

<隔離された島で起きた“密室”事件>

 N半島の沖合に浮かぶ炭鉱の島、軍艦島には、鉱夫など5000人以上が住んでいた。昭和34年、13歳の少女が海で死体となって発見される。赴任したばかりの荒巻巡査が死体を検分していたとき、「死因は」と尋ねた男がいた。下請けの組夫、長谷川だった。長谷川はさらに「満月のときは血が騒ぐ奴がいる」と謎の言葉をつぶやく。やがて、8年前にも13歳の少女が溺死した事件があったことが判明する。

 外界から隔離された島という密室で、閉ざされた人間関係が生み出す犯罪を描いたサスペンス。
(毎日新聞社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る