「プルーフ・オブ・ヘヴン」エベン・アレグザンダー著、白川貴子訳

公開日: 更新日:

<科学者が体験した死後の世界とは>

 脳神経外科医の著者は教会で説く〈永遠の生命〉など信じていなかった。ところが、ある日、細菌性髄膜炎で激しいけいれんを起こし、昏睡状態に陥った。そして、蝶の羽に乗って飛行する夢を見た。一緒に飛んでいた女性が言葉を介さずに「ここでいろいろなことを見せてあげましょう」と伝えて、彼にさまざまな世界を見せる。ふつう〈臨死体験〉をした人は現実の世界で自分が誰であるかを認識しているが、彼は自己認識が欠落していた。

 科学者が体験した〈死後の世界〉を克明につづった本。
(早川書房 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  5. 5

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  8. 8

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

  9. 9

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  10. 10

    安倍政権は火事場泥棒の巣窟 コロナ利権を貪る輩たち

もっと見る