「プルーフ・オブ・ヘヴン」エベン・アレグザンダー著、白川貴子訳

公開日:  更新日:

<科学者が体験した死後の世界とは>

 脳神経外科医の著者は教会で説く〈永遠の生命〉など信じていなかった。ところが、ある日、細菌性髄膜炎で激しいけいれんを起こし、昏睡状態に陥った。そして、蝶の羽に乗って飛行する夢を見た。一緒に飛んでいた女性が言葉を介さずに「ここでいろいろなことを見せてあげましょう」と伝えて、彼にさまざまな世界を見せる。ふつう〈臨死体験〉をした人は現実の世界で自分が誰であるかを認識しているが、彼は自己認識が欠落していた。

 科学者が体験した〈死後の世界〉を克明につづった本。
(早川書房 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る