「文壇さきがけ物語 ある文藝編集者の一生」大村彦次郎著

公開日: 更新日:

<新潮三羽烏時代の文壇史>

 大正の終わりから昭和にかけて活躍した文芸編集者、楢崎勤の評伝。

 明治34(1901)年に生まれた楢崎は、父が歯医者を開業していた朝鮮の京城市で過ごした中学時代に文学に開眼、雑誌などへの投稿を始める。肺を病み大学を退学して上京した楢崎は、大正14(1925)年、まだ家内工業的色彩が残っていた新潮社に入社。当時の同社の編集部には、編集者の身分でありながら、流行作家としても活躍する中村武羅夫、加藤武雄、水守亀之助の「新潮三羽烏」と呼ばれる3人が在籍していた。楢崎の活躍を軸に、高見順や太宰治、川端康成など、そうそうたる人物たちのエピソードを交えながら、昭和の文壇史を活写した力作。
(筑摩書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る

人気キーワード