「文壇さきがけ物語 ある文藝編集者の一生」大村彦次郎著

公開日: 更新日:

<新潮三羽烏時代の文壇史>

 大正の終わりから昭和にかけて活躍した文芸編集者、楢崎勤の評伝。

 明治34(1901)年に生まれた楢崎は、父が歯医者を開業していた朝鮮の京城市で過ごした中学時代に文学に開眼、雑誌などへの投稿を始める。肺を病み大学を退学して上京した楢崎は、大正14(1925)年、まだ家内工業的色彩が残っていた新潮社に入社。当時の同社の編集部には、編集者の身分でありながら、流行作家としても活躍する中村武羅夫、加藤武雄、水守亀之助の「新潮三羽烏」と呼ばれる3人が在籍していた。楢崎の活躍を軸に、高見順や太宰治、川端康成など、そうそうたる人物たちのエピソードを交えながら、昭和の文壇史を活写した力作。
(筑摩書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る