• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「文壇さきがけ物語 ある文藝編集者の一生」大村彦次郎著

<新潮三羽烏時代の文壇史>

 大正の終わりから昭和にかけて活躍した文芸編集者、楢崎勤の評伝。

 明治34(1901)年に生まれた楢崎は、父が歯医者を開業していた朝鮮の京城市で過ごした中学時代に文学に開眼、雑誌などへの投稿を始める。肺を病み大学を退学して上京した楢崎は、大正14(1925)年、まだ家内工業的色彩が残っていた新潮社に入社。当時の同社の編集部には、編集者の身分でありながら、流行作家としても活躍する中村武羅夫、加藤武雄、水守亀之助の「新潮三羽烏」と呼ばれる3人が在籍していた。楢崎の活躍を軸に、高見順や太宰治、川端康成など、そうそうたる人物たちのエピソードを交えながら、昭和の文壇史を活写した力作。
(筑摩書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る