「文壇さきがけ物語 ある文藝編集者の一生」大村彦次郎著

公開日:  更新日:

<新潮三羽烏時代の文壇史>

 大正の終わりから昭和にかけて活躍した文芸編集者、楢崎勤の評伝。

 明治34(1901)年に生まれた楢崎は、父が歯医者を開業していた朝鮮の京城市で過ごした中学時代に文学に開眼、雑誌などへの投稿を始める。肺を病み大学を退学して上京した楢崎は、大正14(1925)年、まだ家内工業的色彩が残っていた新潮社に入社。当時の同社の編集部には、編集者の身分でありながら、流行作家としても活躍する中村武羅夫、加藤武雄、水守亀之助の「新潮三羽烏」と呼ばれる3人が在籍していた。楢崎の活躍を軸に、高見順や太宰治、川端康成など、そうそうたる人物たちのエピソードを交えながら、昭和の文壇史を活写した力作。
(筑摩書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る