『日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36』黒川勇人著

公開日: 更新日:

<東京に福神漬けの缶詰あり>

 国内各地のご当地缶詰を紹介するガイドブック。皮をむいて茹で上げたソバの実につゆをかけて食べる山形の郷土料理「むきそば」、業務用スープ缶などと同じサイズで重さ820グラムもある新潟の「またぎ汁」、本場山口県下関市の「ふくちり」、そして長野県の「いなご甘露煮」など、知る人ぞ知るこだわりの缶詰がずらり。名古屋の老舗和菓子舗が製造販売する「そぶくめ」は、なんとわらび餅の缶詰だ。東京にだって誇るべきご当地缶詰がある。大正2年の発売で100年も愛され続けてきた福神漬けの缶詰「日本橋漬」がそれだ。それぞれの味や特色に加え、缶詰ウンチクも満載の面白本。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る