• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36』黒川勇人著

<東京に福神漬けの缶詰あり>

 国内各地のご当地缶詰を紹介するガイドブック。皮をむいて茹で上げたソバの実につゆをかけて食べる山形の郷土料理「むきそば」、業務用スープ缶などと同じサイズで重さ820グラムもある新潟の「またぎ汁」、本場山口県下関市の「ふくちり」、そして長野県の「いなご甘露煮」など、知る人ぞ知るこだわりの缶詰がずらり。名古屋の老舗和菓子舗が製造販売する「そぶくめ」は、なんとわらび餅の缶詰だ。東京にだって誇るべきご当地缶詰がある。大正2年の発売で100年も愛され続けてきた福神漬けの缶詰「日本橋漬」がそれだ。それぞれの味や特色に加え、缶詰ウンチクも満載の面白本。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る