「水色の娼婦」西木正明著

公開日: 更新日:

<近代史の闇に迫る一冊>

 アルゼンチンの海軍軍人と日本女性の間に生まれたエヴァはタンゴダンサーにして娼婦。1930年、パリでポーランド陸軍のベック参謀長に陸軍武官補佐官・吉川公夫大尉を紹介される。エヴァは吉川に引かれるが、その後は出会う機会がなかった。9年後、再会した吉川は、エヴァにナチスのゲーリング元帥の部下ヴィーデマンに近づくよう依頼する。実は吉川は諜報員だった。彼を愛したエヴァは、ベッドでゲシュタポなどから情報を引き出す。近代史の闇に迫るドキュメンタリーノベル。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード