「水色の娼婦」西木正明著

公開日:  更新日:

<近代史の闇に迫る一冊>

 アルゼンチンの海軍軍人と日本女性の間に生まれたエヴァはタンゴダンサーにして娼婦。1930年、パリでポーランド陸軍のベック参謀長に陸軍武官補佐官・吉川公夫大尉を紹介される。エヴァは吉川に引かれるが、その後は出会う機会がなかった。9年後、再会した吉川は、エヴァにナチスのゲーリング元帥の部下ヴィーデマンに近づくよう依頼する。実は吉川は諜報員だった。彼を愛したエヴァは、ベッドでゲシュタポなどから情報を引き出す。近代史の闇に迫るドキュメンタリーノベル。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る