「水色の娼婦」西木正明著

公開日: 更新日:

<近代史の闇に迫る一冊>

 アルゼンチンの海軍軍人と日本女性の間に生まれたエヴァはタンゴダンサーにして娼婦。1930年、パリでポーランド陸軍のベック参謀長に陸軍武官補佐官・吉川公夫大尉を紹介される。エヴァは吉川に引かれるが、その後は出会う機会がなかった。9年後、再会した吉川は、エヴァにナチスのゲーリング元帥の部下ヴィーデマンに近づくよう依頼する。実は吉川は諜報員だった。彼を愛したエヴァは、ベッドでゲシュタポなどから情報を引き出す。近代史の闇に迫るドキュメンタリーノベル。
(文藝春秋 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る