「ゼロ」堀江貴文著

公開日:  更新日:

■凡庸な優等生がなぜ「ホリエモン」を生んだのか

 2006年1月、証券取引法違反の容疑で逮捕された著者は2年6カ月の実刑判決を受け、11年6月に収監、長野刑務所に服役し、今年の3月末、仮釈放となる。

 学生時代にIT企業を起業してから逮捕まで、天国から一気に地獄に突き落とされたような激しい10年間に築き上げた会社、社員、信用、資産のほとんどを失い、ゼロ地点に立ち返った著者が、これまで語ることのなかった幼少時代や中高生時代のことを明かし、今こそ伝えたい自らの思いをつづったもの。

 両親は不仲で、百科事典ばかり読む孤独な少年時代。新天地と思った県下有数の中高一貫の進学校に入ったものの、居場所を見つけられずパソコンに熱中した中高生時代……。ここで語られるのは、さほど裕福でない地方の優等生が歩む凡庸な物語だ。後半に説かれる人生訓も凡庸の域を出ていない。なのになぜ「ホリエモン」が生まれ得たのか。逮捕後の現在もその著書がベストセラーの一角を占めているのはなぜか。著者のこれからの生き方自体が、その答えを出すのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る