「ゼロ」堀江貴文著

公開日:  更新日:

■凡庸な優等生がなぜ「ホリエモン」を生んだのか

 2006年1月、証券取引法違反の容疑で逮捕された著者は2年6カ月の実刑判決を受け、11年6月に収監、長野刑務所に服役し、今年の3月末、仮釈放となる。

 学生時代にIT企業を起業してから逮捕まで、天国から一気に地獄に突き落とされたような激しい10年間に築き上げた会社、社員、信用、資産のほとんどを失い、ゼロ地点に立ち返った著者が、これまで語ることのなかった幼少時代や中高生時代のことを明かし、今こそ伝えたい自らの思いをつづったもの。

 両親は不仲で、百科事典ばかり読む孤独な少年時代。新天地と思った県下有数の中高一貫の進学校に入ったものの、居場所を見つけられずパソコンに熱中した中高生時代……。ここで語られるのは、さほど裕福でない地方の優等生が歩む凡庸な物語だ。後半に説かれる人生訓も凡庸の域を出ていない。なのになぜ「ホリエモン」が生まれ得たのか。逮捕後の現在もその著書がベストセラーの一角を占めているのはなぜか。著者のこれからの生き方自体が、その答えを出すのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る