「致死量未満の殺人」三沢陽一著

公開日:  更新日:

■アザサ・クリスティー賞受賞作

 花帆が夫と営む喫茶店を訪ねてきた大学時代のゼミ仲間の龍太が、15年前の弥生殺しを告白する。15年前、龍太ら5人のゼミ生は、教授の金巻の別荘に招待されるが、滞在中に弥生が何者かに毒殺されるという事件が発生したのだ。才色兼備の弥生は、周囲の人間を苦悩の底に陥れる悪女でもあり、龍太ら他の4人は全員がその被害者だった。龍太は、殺害に追い詰められた経緯から、使用したメチル水銀の入手方法など、事細かに花帆に語り出す。花帆の脳裏にも、雪で閉ざされた密室の中で、犯人がどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか、お互いに疑心暗鬼になった当時の記憶がよみがえる。

 アガサ・クリスティー賞を受賞した本格ミステリー。
(早川書房 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る