• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「致死量未満の殺人」三沢陽一著

■アザサ・クリスティー賞受賞作

 花帆が夫と営む喫茶店を訪ねてきた大学時代のゼミ仲間の龍太が、15年前の弥生殺しを告白する。15年前、龍太ら5人のゼミ生は、教授の金巻の別荘に招待されるが、滞在中に弥生が何者かに毒殺されるという事件が発生したのだ。才色兼備の弥生は、周囲の人間を苦悩の底に陥れる悪女でもあり、龍太ら他の4人は全員がその被害者だった。龍太は、殺害に追い詰められた経緯から、使用したメチル水銀の入手方法など、事細かに花帆に語り出す。花帆の脳裏にも、雪で閉ざされた密室の中で、犯人がどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか、お互いに疑心暗鬼になった当時の記憶がよみがえる。

 アガサ・クリスティー賞を受賞した本格ミステリー。
(早川書房 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る