「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」レイチェル・ジョイス著、亀井よし子訳

公開日:  更新日:

■ブッカー賞候補の話題作

 ハロルド・フライ、65歳。定年退職して妻と2人暮らしのイギリス人。予想外のことはけっしてしない、平凡で平穏な男……のはずだった。だが、あるとき昔の同僚だった女性から手紙が来る。がんでホスピスにいるという。それを読んだとたん男の心に何かが起こる。お見舞いを書いた短い手紙をポストに入れに行った彼は、やがてそのまま、1000キロ離れたホスピスまで歩き始めたのだ。

 まるでファンタジーばりの設定だが、何げない細部から、ひとりの男の人生がじわじわと浮かび上がる。著者は4人の子供を持つ母にしてラジオの台本作家。これが初めての小説で、いきなりブッカー賞候補にまでなったという話題作だ。
(講談社 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る