「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」レイチェル・ジョイス著、亀井よし子訳

公開日:  更新日:

■ブッカー賞候補の話題作

 ハロルド・フライ、65歳。定年退職して妻と2人暮らしのイギリス人。予想外のことはけっしてしない、平凡で平穏な男……のはずだった。だが、あるとき昔の同僚だった女性から手紙が来る。がんでホスピスにいるという。それを読んだとたん男の心に何かが起こる。お見舞いを書いた短い手紙をポストに入れに行った彼は、やがてそのまま、1000キロ離れたホスピスまで歩き始めたのだ。

 まるでファンタジーばりの設定だが、何げない細部から、ひとりの男の人生がじわじわと浮かび上がる。著者は4人の子供を持つ母にしてラジオの台本作家。これが初めての小説で、いきなりブッカー賞候補にまでなったという話題作だ。
(講談社 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る