「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」レイチェル・ジョイス著、亀井よし子訳

公開日: 更新日:

■ブッカー賞候補の話題作

 ハロルド・フライ、65歳。定年退職して妻と2人暮らしのイギリス人。予想外のことはけっしてしない、平凡で平穏な男……のはずだった。だが、あるとき昔の同僚だった女性から手紙が来る。がんでホスピスにいるという。それを読んだとたん男の心に何かが起こる。お見舞いを書いた短い手紙をポストに入れに行った彼は、やがてそのまま、1000キロ離れたホスピスまで歩き始めたのだ。

 まるでファンタジーばりの設定だが、何げない細部から、ひとりの男の人生がじわじわと浮かび上がる。著者は4人の子供を持つ母にしてラジオの台本作家。これが初めての小説で、いきなりブッカー賞候補にまでなったという話題作だ。
(講談社 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  7. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

もっと見る