• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち」川口マーン惠美著

■肌で感じた日独の長短所

 ドイツ在住30年の著者が、肌で感じた日独の長短所を解説した比較論。

 日本の長所は多く、実用面では際立っているという。宅配便などその最たる例で、全国を2時間単位の配達時間指定で網羅するなど、日本以外ではあり得ないそうだ。時間に比較的正確なドイツさえ時刻表通りに電車が走ることはまれだという。一方で日本は広報活動が苦手で、多くの国が実態よりもイメージの方が良い中、日本だけはイメージよりも実態が良い珍しい国だとも。尖閣諸島に足を運び感じた、共に敗戦国であるドイツと日本の違い、原発事故報道におけるドイツのメディアの偏向、さらにサラリーマンの休暇や義務教育まで、さまざまな視点から両国の差異を論じる。
(講談社 838円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る