「住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち」川口マーン惠美著

公開日: 更新日:

■肌で感じた日独の長短所

 ドイツ在住30年の著者が、肌で感じた日独の長短所を解説した比較論。

 日本の長所は多く、実用面では際立っているという。宅配便などその最たる例で、全国を2時間単位の配達時間指定で網羅するなど、日本以外ではあり得ないそうだ。時間に比較的正確なドイツさえ時刻表通りに電車が走ることはまれだという。一方で日本は広報活動が苦手で、多くの国が実態よりもイメージの方が良い中、日本だけはイメージよりも実態が良い珍しい国だとも。尖閣諸島に足を運び感じた、共に敗戦国であるドイツと日本の違い、原発事故報道におけるドイツのメディアの偏向、さらにサラリーマンの休暇や義務教育まで、さまざまな視点から両国の差異を論じる。
(講談社 838円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る