「住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち」川口マーン惠美著

公開日:  更新日:

■肌で感じた日独の長短所

 ドイツ在住30年の著者が、肌で感じた日独の長短所を解説した比較論。

 日本の長所は多く、実用面では際立っているという。宅配便などその最たる例で、全国を2時間単位の配達時間指定で網羅するなど、日本以外ではあり得ないそうだ。時間に比較的正確なドイツさえ時刻表通りに電車が走ることはまれだという。一方で日本は広報活動が苦手で、多くの国が実態よりもイメージの方が良い中、日本だけはイメージよりも実態が良い珍しい国だとも。尖閣諸島に足を運び感じた、共に敗戦国であるドイツと日本の違い、原発事故報道におけるドイツのメディアの偏向、さらにサラリーマンの休暇や義務教育まで、さまざまな視点から両国の差異を論じる。
(講談社 838円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る