「翼がくれた心が熱くなるいい話」志賀内泰弘著

公開日:  更新日:

■JALスタッフのおもてなしのドラマ

 JALグループで働くスタッフのエピソードを基にした小説集。大空や空港を舞台に心温まる16の物語を収録する。

 奈保子は、小学生時代、危篤の祖母の元に駆け付けるため母親と鹿児島に飛ぶ。その時の客室乗務員(CA)の対応に感動してCAになる夢を実現した。だが、2010年1月会社が破綻。逆風が吹き、つらい乗務が続く中、奈保子は耳の不自由な客に接したのを機に手話を学ぶことを決意する。(「手話で受け取った『ありがとう』」)

 ほかに、亡夫のマイレージの名義変更を依頼してきた客と担当者との心の交流など。JALの奇跡的な再生を可能にしたスタッフたちのおもてなしのドラマを伝える。
(PHP研究所 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る