「翼がくれた心が熱くなるいい話」志賀内泰弘著

公開日: 更新日:

■JALスタッフのおもてなしのドラマ

 JALグループで働くスタッフのエピソードを基にした小説集。大空や空港を舞台に心温まる16の物語を収録する。

 奈保子は、小学生時代、危篤の祖母の元に駆け付けるため母親と鹿児島に飛ぶ。その時の客室乗務員(CA)の対応に感動してCAになる夢を実現した。だが、2010年1月会社が破綻。逆風が吹き、つらい乗務が続く中、奈保子は耳の不自由な客に接したのを機に手話を学ぶことを決意する。(「手話で受け取った『ありがとう』」)

 ほかに、亡夫のマイレージの名義変更を依頼してきた客と担当者との心の交流など。JALの奇跡的な再生を可能にしたスタッフたちのおもてなしのドラマを伝える。
(PHP研究所 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る