「社会の抜け道」古市憲寿、國分功一郎著

公開日: 更新日:

 本書はいまの若者に厳しい社会のシステムを、同じくドゥルーズの「社会は常に水漏れを起こしている」という警句にヒントを得て、社会には「抜け道」があると説く。がんじがらめの日常のなかにある漏れやほころびを抜け道と呼ぶのはゲームのウラ技を探すようで切ないが、それを探るのが今日の若者世代の生存戦略なのである。
(小学館 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  7. 7

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    渡哲也さんから2mの距離で「西部警察」のテーマを口ずさむ

もっと見る