• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界の美しい飛んでいる鳥」澤井聖一編、柴田佳秀解説

■140種もの鳥たちが乱舞する世界初の生態図鑑

 翼を広げ、飛んでいる鳥の写真ばかりを集めた世界初の生態図鑑。大判オールカラーで、計140種もの鳥たちを網羅した豪華本だ。

 花の周囲を飛び回る南米のカラフルなハチドリたちをはじめ、インドクジャクの白変種を固定して飼い鳥とした「シロクジャク」や、アマゾン川流域に生息する全長1メートルという世界最大のインコ「スミレコンゴウインコ」、氷に閉ざされた北極の海で一年中暮らす純白の「ゾウゲカモメ」など、世界中の鳥たちが集合。

 もちろん、「オオハクチョウ」や「タンチョウ」など日本でもおなじみの姿もある。水面に映る自分の姿と競うように飛ぶ「ツバメ」の写真には、彼らはなんでも飛びながら行い、水も飛びながら口をあけ水面をこするようにして飲むと解説が添えられ、巣作りや子育ての様子しか知らないツバメたちの自然の中で生きるもうひとつの顔を教えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る