「若者を殺し続けるブラック企業の構造」川村遼平著

公開日:  更新日:

■ブラック企業

 去年の流行語大賞のトップテンにも入った「ブラック企業」。アベノミクス格差社会でのさばる労働搾取の実態は?

■不況下で過酷化する雇用慣行と過労死の実態

 若者の労働相談を受けるNPO法人に関わり、大学院生の今は事務局長を務める著者。ブラック企業問題は最初からつぶさに知る。たとえば「幹部候補パート」という名目で小売店に勤めた女性。労働時間だけは「幹部候補」で給与や福利の面では「パート」という待遇に苦しみ、自殺に至った。背景には正規・非正規の別を会社の意図で決定できるという日本独自の労働慣行だ。女性の母は組合に相談。ところが応対した組合幹部は遺族が騒ぐと「会社がつぶれてもっと多くの人が命を落とすかもしれないんですよ」と言い放ったという。企業別労組は働き過ぎを許してきたのだ。不況下で過酷化する雇用慣行と過労死の多様化の実態がよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る