「若者を殺し続けるブラック企業の構造」川村遼平著

公開日: 更新日:

■ブラック企業

 去年の流行語大賞のトップテンにも入った「ブラック企業」。アベノミクス格差社会でのさばる労働搾取の実態は?

■不況下で過酷化する雇用慣行と過労死の実態

 若者の労働相談を受けるNPO法人に関わり、大学院生の今は事務局長を務める著者。ブラック企業問題は最初からつぶさに知る。たとえば「幹部候補パート」という名目で小売店に勤めた女性。労働時間だけは「幹部候補」で給与や福利の面では「パート」という待遇に苦しみ、自殺に至った。背景には正規・非正規の別を会社の意図で決定できるという日本独自の労働慣行だ。女性の母は組合に相談。ところが応対した組合幹部は遺族が騒ぐと「会社がつぶれてもっと多くの人が命を落とすかもしれないんですよ」と言い放ったという。企業別労組は働き過ぎを許してきたのだ。不況下で過酷化する雇用慣行と過労死の多様化の実態がよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る