「あさめし・ひるめし・ばんめし」日本ペンクラブ編、大河内昭爾選

公開日:  更新日:

■文筆家32人の味覚エッセー

 昭和の文筆家たちの味覚随筆を編んだアンソロジー。

 三浦哲郎の「鰯たちよ」は、岩手の実家に帰郷した折に母親と取った昼食についてつづる。氏の郷里では、冬は朝炊いたご飯が凍ってしまうので、昼食は湯漬けが定番だった。その際のおかずは塩漬けの鰯を七輪の炭火で焼いた「鰯っこ」と決まっていたという。年老いた母と「鰯っこ」なしの湯漬けを食べながら、子供時代を追想する。その他、2日前の硬くなった大福を餅網の上で焼いて食べるおいしさや、お供え餅を崩して焼いて食べる味わいなどをつづる永井龍男の「餅を焼くこと」など。32人の滋味深い名文を味わう。(筑摩書房 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る