「あさめし・ひるめし・ばんめし」日本ペンクラブ編、大河内昭爾選

公開日: 更新日:

■文筆家32人の味覚エッセー

 昭和の文筆家たちの味覚随筆を編んだアンソロジー。

 三浦哲郎の「鰯たちよ」は、岩手の実家に帰郷した折に母親と取った昼食についてつづる。氏の郷里では、冬は朝炊いたご飯が凍ってしまうので、昼食は湯漬けが定番だった。その際のおかずは塩漬けの鰯を七輪の炭火で焼いた「鰯っこ」と決まっていたという。年老いた母と「鰯っこ」なしの湯漬けを食べながら、子供時代を追想する。その他、2日前の硬くなった大福を餅網の上で焼いて食べるおいしさや、お供え餅を崩して焼いて食べる味わいなどをつづる永井龍男の「餅を焼くこと」など。32人の滋味深い名文を味わう。(筑摩書房 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る