「あさめし・ひるめし・ばんめし」日本ペンクラブ編、大河内昭爾選

公開日:  更新日:

■文筆家32人の味覚エッセー

 昭和の文筆家たちの味覚随筆を編んだアンソロジー。

 三浦哲郎の「鰯たちよ」は、岩手の実家に帰郷した折に母親と取った昼食についてつづる。氏の郷里では、冬は朝炊いたご飯が凍ってしまうので、昼食は湯漬けが定番だった。その際のおかずは塩漬けの鰯を七輪の炭火で焼いた「鰯っこ」と決まっていたという。年老いた母と「鰯っこ」なしの湯漬けを食べながら、子供時代を追想する。その他、2日前の硬くなった大福を餅網の上で焼いて食べるおいしさや、お供え餅を崩して焼いて食べる味わいなどをつづる永井龍男の「餅を焼くこと」など。32人の滋味深い名文を味わう。(筑摩書房 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る