日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人魚姫 エリカ&パトリック事件簿」カミラ・レックバリ著、富山クラーソン陽子

■スウェーデン発の人気ミステリー

 スウェーデンの小さな町フィエルバッカの刑事パトリックは、3カ月前に家族を残して失踪したマグヌスの行方を捜していた。一方、パトリックの妻で作家のエリカは、友人の新人作家クリスチャンの出版パーティーに出席。席上、届いた花束に添えられたカードを手にしたクリスチャンが倒れる。エリカは、彼がデビュー作「人魚」の執筆前から何者かに脅迫されていることを知る。

 エリカから話を聞いたパトリックは、クリスチャンとマグヌスが友人だったことを思い出す。そんな中、凍った海の氷の下からマグヌスの遺体が見つかる。

 スウェーデン発の人気ミステリーシリーズ最新刊。
(集英社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事