• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「リニア新幹線 巨大プロジェクトの『真実』」橋山禮治郎著

■建設費9兆円のリニア新幹線は本当に必要か

「リニア新幹線」の着工に向けた作業が着々と進んでいる。時速最高505キロ。東京-大阪間を67分で結ぶ“夢の新幹線”だ。

 しかし一方で、これほどの巨大インフラが本当に必要なのかを疑問視する声も上がっている。橋山禮治郎著「リニア新幹線 巨大プロジェクトの『真実』」(集英社 720円)では、着工直前の今、改めてその問題点を洗い出している。

 そもそもなぜリニアが計画されたのか。JR東海が主張しているのが、「東海道新幹線の輸送力が限界に近づいていることによる増強」だ。ところが、その輸送実績を調べてみると、1990年代からは横ばいが続き、2009年度以降は50%台に低迷。盆・暮れ・正月は別として、通常時は40%あまりの空席があることになり、輸送力の限界という主張には矛盾がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る