「戦前日本SF映画創世記」高槻真樹著

公開日: 更新日:

■「ゴジラ」に見る日本人のSF的想像力

 日本SF映画の原点にして金字塔といわれる「ゴジラ」(1954年公開)。戦後から語り始められることが多い日本のSF・特撮映画の歴史を戦前にまでさかのぼり、「ゴジラ」を生み出した日本人のSF的想像力のルーツをたどる映画本。

 著者は、日本で最初のSF映画を1926年公開の「狂つた一頁」(衣笠貞之助監督)と定義。精神病院の患者たちの精神世界を、特撮映像を駆使して表現したこの映画の製作に、実はゴジラの特撮監督を務めた円谷英二も撮影助手として携わっていたという。その後の小型映画と呼ばれる愛好家の作品から商業映画まで、歴史に埋もれた多くの作品を紹介しながら、ゴジラ誕生までの歴史をたどる。
(河出書房新社 2500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る

人気キーワード