• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦前日本SF映画創世記」高槻真樹著

■「ゴジラ」に見る日本人のSF的想像力

 日本SF映画の原点にして金字塔といわれる「ゴジラ」(1954年公開)。戦後から語り始められることが多い日本のSF・特撮映画の歴史を戦前にまでさかのぼり、「ゴジラ」を生み出した日本人のSF的想像力のルーツをたどる映画本。

 著者は、日本で最初のSF映画を1926年公開の「狂つた一頁」(衣笠貞之助監督)と定義。精神病院の患者たちの精神世界を、特撮映像を駆使して表現したこの映画の製作に、実はゴジラの特撮監督を務めた円谷英二も撮影助手として携わっていたという。その後の小型映画と呼ばれる愛好家の作品から商業映画まで、歴史に埋もれた多くの作品を紹介しながら、ゴジラ誕生までの歴史をたどる。
(河出書房新社 2500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る