• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大人のためのオトナ本】教養編 世界史から日本という国を俯瞰

■「仕事に効く教養としての『世界史』」出口治明著

 世界市場で戦わざるを得ないビジネスマンが、日本の文化や歴史について外国人から質問される機会が増えている。日本を語る際に欠かせないのが歴史観であり、世界史の中での日本を理解することだ。本書は、世界から孤立した日本観から脱却し、国と国とのダイナミズムな関係を通して世界と日本を理解することを目指したもの。ペリーが日本に来た本当の目的は何か、中国を理解するための4つの鍵、アメリカとフランスの特異性など、興味深い10の視点が取り上げられている。

(祥伝社 1750円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る