【大人のためのオトナ本】教養編 世界史から日本という国を俯瞰

公開日: 更新日:

■「仕事に効く教養としての『世界史』」出口治明著

 世界市場で戦わざるを得ないビジネスマンが、日本の文化や歴史について外国人から質問される機会が増えている。日本を語る際に欠かせないのが歴史観であり、世界史の中での日本を理解することだ。本書は、世界から孤立した日本観から脱却し、国と国とのダイナミズムな関係を通して世界と日本を理解することを目指したもの。ペリーが日本に来た本当の目的は何か、中国を理解するための4つの鍵、アメリカとフランスの特異性など、興味深い10の視点が取り上げられている。

(祥伝社 1750円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る

人気キーワード