「ハロワ!」久保寺健彦著

公開日: 更新日:

■ハローワークが舞台の連作小説

 28歳の沢田は、公共職業安定所のハローワーク宮台で嘱託職員として働き始める。求職者として同所に通う中、統括官の千堂にスカウトされたのだ。研修を終え、相談カウンターに出た沢田は、初利用という68歳の波多野を担当。2人のやりとりを見守っていた千堂や先輩相談員から、沢田は波多野に注意するよう言われる。

 案の定、翌日から波多野は沢田を指名し、延々と脈絡のない話を始める。配管工だった波多野は事務職を希望しているが、歯がないことを理由に不採用が続く。沢田が意を決し歯を治療するよう助言すると、波多野は急に怒り出す。

 ハローワークを舞台に新人相談員と求職者とのドラマを描く連作小説。
(集英社 600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  4. 4

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  5. 5

    佐藤栄作超えも黄信号 囁かれ始めた史上最長政権の末路

  6. 6

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

  7. 7

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  8. 8

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る