• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「4番打者論」掛布雅之著

■「打ち取られる美学」などの野球哲学

 4代目ミスタータイガースが4番打者のあり方を語った野球本。

 氏はチーム生え抜きとして歴代3番目の800試合で4番打者を務め、通算349本塁打を放った。だが、実は高校時代は公式戦でのホームランは1本もなかったという。

 球団・チームの象徴である4番打者は、勝ち負けを超えた「魅せる野球」をファンに提示する義務がある。ライバル・江川卓との勝負などを例に真っ向勝負が生む「打たれる美学」と「打ち取られる美学」「一振りで決着をつける」凄み、そしてその存在の凄みを誇示するためにも一流でなければならない守備など。自らの現役時代を語りながら、その野球哲学を説く。
(宝島社 752円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る