「4番打者論」掛布雅之著

公開日:  更新日:

■「打ち取られる美学」などの野球哲学

 4代目ミスタータイガースが4番打者のあり方を語った野球本。

 氏はチーム生え抜きとして歴代3番目の800試合で4番打者を務め、通算349本塁打を放った。だが、実は高校時代は公式戦でのホームランは1本もなかったという。

 球団・チームの象徴である4番打者は、勝ち負けを超えた「魅せる野球」をファンに提示する義務がある。ライバル・江川卓との勝負などを例に真っ向勝負が生む「打たれる美学」と「打ち取られる美学」「一振りで決着をつける」凄み、そしてその存在の凄みを誇示するためにも一流でなければならない守備など。自らの現役時代を語りながら、その野球哲学を説く。
(宝島社 752円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る