• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『「肩こり」が芯からほぐれる本』井手淳二著

 肩関節の専門医が、効果抜群の肩こり解消法を紹介する。

 肩こりとは、肩が下がる格好がもっとも大きな原因になるという。肩の位置が下がると胸の位置も下がり、背中も丸まってくる。すると、肩周辺の筋肉は絶えず引っ張られた状態となり、肩を疲労させ肩こりを生む。特に、肘掛けのない椅子に座り、脇を開いた状態でデスクワークをしている人は、肩の位置が下がる姿勢を日常的に取っていることになり、慢性的な肩こりになるそうだ。

 これを解消するには、肩の僧帽筋を動かして血流を良くするのが一番。両肩をゆっくりと上げ、やや後方に回しながらゆっくりと下ろす動作を20回ほど繰り返すだけで、肩の緊張はすっきりと取り除かれるはずだ。
(三笠書房 580円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る