『「肩こり」が芯からほぐれる本』井手淳二著

公開日:  更新日:

 肩関節の専門医が、効果抜群の肩こり解消法を紹介する。

 肩こりとは、肩が下がる格好がもっとも大きな原因になるという。肩の位置が下がると胸の位置も下がり、背中も丸まってくる。すると、肩周辺の筋肉は絶えず引っ張られた状態となり、肩を疲労させ肩こりを生む。特に、肘掛けのない椅子に座り、脇を開いた状態でデスクワークをしている人は、肩の位置が下がる姿勢を日常的に取っていることになり、慢性的な肩こりになるそうだ。

 これを解消するには、肩の僧帽筋を動かして血流を良くするのが一番。両肩をゆっくりと上げ、やや後方に回しながらゆっくりと下ろす動作を20回ほど繰り返すだけで、肩の緊張はすっきりと取り除かれるはずだ。
(三笠書房 580円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る