『その「不調」、あなたの好きな食べものが原因だった?〔遅発型フードアレルギー〕』澤登雅一著

公開日: 更新日:

 特別な遺伝病を除き、遺伝が関係する病気はせいぜい20~30%。残りの70~80%は運動や食事といった生活習慣病だといわれている。

 本書はその食事に注目し、日本人の多くが抱える原因不明の「不調」の中に、遅発型フードアレルギーが隠れている可能性がある、と説く。

 これはすぐに命にかかわるほど重篤な症状が出ないものの、慢性的な疲労や頭痛、めまい、眠気、肩こり、便秘、肌荒れ、アトピー性皮膚炎などといった症状となって表れるそうだ。

 実際、開業医である著者が「不調」を訴えた人を検査したところ、9割が遅発型フードアレルギーの陽性だったという。

 本書は、アレルギーの原因となる物質を含む食べ物の除き方、その効果を報告している。不調に悩む人におすすめの一冊だ。
(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る