『その「不調」、あなたの好きな食べものが原因だった?〔遅発型フードアレルギー〕』澤登雅一著

公開日:  更新日:

 特別な遺伝病を除き、遺伝が関係する病気はせいぜい20~30%。残りの70~80%は運動や食事といった生活習慣病だといわれている。

 本書はその食事に注目し、日本人の多くが抱える原因不明の「不調」の中に、遅発型フードアレルギーが隠れている可能性がある、と説く。

 これはすぐに命にかかわるほど重篤な症状が出ないものの、慢性的な疲労や頭痛、めまい、眠気、肩こり、便秘、肌荒れ、アトピー性皮膚炎などといった症状となって表れるそうだ。

 実際、開業医である著者が「不調」を訴えた人を検査したところ、9割が遅発型フードアレルギーの陽性だったという。

 本書は、アレルギーの原因となる物質を含む食べ物の除き方、その効果を報告している。不調に悩む人におすすめの一冊だ。
(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る