「非情銀行」江上剛著

公開日:  更新日:

■銀行合併をめぐる男の戦い

 昭和50年に大栄銀行に入行した47歳の竹内は、ある日、同期の岡村から大手の東光銀行との合併話が水面下で進んでいると教えられる。かつて「MOF担」として同期トップの出世街道を歩んでいた岡村だが、社会問題となった大蔵省との癒着の責任を取らされ、閑職に追いやられていた。そんな中、人事担当常務に就任した中村がリストラを進めるため「人材能力開発室」を設置。強制収容所と恐れられるその人材能力開発室に異動になった岡村が自殺した。憤った竹内は、「君たちはコスト」と言い放つ中村に立ち向かう。
 合併に揺れる銀行を舞台に誇りをかけた男の戦いを描くビジネス小説。
(講談社 850円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る