「非情銀行」江上剛著

公開日: 更新日:

■銀行合併をめぐる男の戦い

 昭和50年に大栄銀行に入行した47歳の竹内は、ある日、同期の岡村から大手の東光銀行との合併話が水面下で進んでいると教えられる。かつて「MOF担」として同期トップの出世街道を歩んでいた岡村だが、社会問題となった大蔵省との癒着の責任を取らされ、閑職に追いやられていた。そんな中、人事担当常務に就任した中村がリストラを進めるため「人材能力開発室」を設置。強制収容所と恐れられるその人材能力開発室に異動になった岡村が自殺した。憤った竹内は、「君たちはコスト」と言い放つ中村に立ち向かう。
 合併に揺れる銀行を舞台に誇りをかけた男の戦いを描くビジネス小説。
(講談社 850円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る