奇想天外の冒険物語 「イベリコ豚を買いに」野地秩嘉氏

公開日: 更新日:

「50歳を越えて冒険ってなかなかできないじゃないですか。山は登れないし、マラソンに出ようなんて絶対思わない。でも、豚を買ってハムを作るのならば、自分にもできるんじゃないかなって」

 高級食材のイベリコ豚がどうしてこれだけ日本中に流通しているのか。取材はそんな疑問から始まった。スペインへ行ってイベリコ豚を2頭買い、輸入から製品化、販売までを個人でやる。フランス料理のシェフや販売のプロを口説いて、出来上がったスモークハムは完売した。奇想天外。4年がかりのまさに冒険である。

「2010年4月末にスペインに行く段取りをしたのですが、その直前に宮崎県で口蹄疫が発生して。『日本人は来るな』と取材にストップがかかったのです。ウイルスを持ってこられたら困るということなんですが、もう『一生来るな』みたいな言われ方をされて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る