奇想天外の冒険物語 「イベリコ豚を買いに」野地秩嘉氏

公開日: 更新日:

「50歳を越えて冒険ってなかなかできないじゃないですか。山は登れないし、マラソンに出ようなんて絶対思わない。でも、豚を買ってハムを作るのならば、自分にもできるんじゃないかなって」

 高級食材のイベリコ豚がどうしてこれだけ日本中に流通しているのか。取材はそんな疑問から始まった。スペインへ行ってイベリコ豚を2頭買い、輸入から製品化、販売までを個人でやる。フランス料理のシェフや販売のプロを口説いて、出来上がったスモークハムは完売した。奇想天外。4年がかりのまさに冒険である。

「2010年4月末にスペインに行く段取りをしたのですが、その直前に宮崎県で口蹄疫が発生して。『日本人は来るな』と取材にストップがかかったのです。ウイルスを持ってこられたら困るということなんですが、もう『一生来るな』みたいな言われ方をされて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る