奇想天外の冒険物語 「イベリコ豚を買いに」野地秩嘉氏

公開日:  更新日:

「50歳を越えて冒険ってなかなかできないじゃないですか。山は登れないし、マラソンに出ようなんて絶対思わない。でも、豚を買ってハムを作るのならば、自分にもできるんじゃないかなって」

 高級食材のイベリコ豚がどうしてこれだけ日本中に流通しているのか。取材はそんな疑問から始まった。スペインへ行ってイベリコ豚を2頭買い、輸入から製品化、販売までを個人でやる。フランス料理のシェフや販売のプロを口説いて、出来上がったスモークハムは完売した。奇想天外。4年がかりのまさに冒険である。

「2010年4月末にスペインに行く段取りをしたのですが、その直前に宮崎県で口蹄疫が発生して。『日本人は来るな』と取材にストップがかかったのです。ウイルスを持ってこられたら困るということなんですが、もう『一生来るな』みたいな言われ方をされて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る