「逆に病気を呼び込んでいる44の健康法」川嶋朗著

公開日:  更新日:

 世の中にはさまざまな健康法があるが、なかにはやればやるほど病気のリスクを高めてしまうものもあるのではないか?

 そんな疑問に答えてくれる一冊。著者は漢方をはじめとした代替、伝統医療と西洋近代医学を合わせた統合医療の権威。

 例えば、毎日野菜ジュースを飲む人がいるが、著者に言わせれば、酵素は胃酸でやられて必要なところに届かないし、体を冷やし、がんなどの重大病をもたらすという。

 また、半身浴が冷えに良いという医学的根拠はまったくない、ジムに通って筋トレを続けているのは活性酸素を増やして免疫力を低下させるので体に悪い、など驚きの話が並んでいる。

 人によっては“オヤッ?”と思うこともあるかもしれないが、“万人に合う健康法はない”との主張はもっともだ。
(宝島社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る