「9割の体調不良は姿勢でよくなる」仲野孝明著

公開日:  更新日:

 長引く頭痛やポッコリお腹、やる気が湧かない、イライラしやすいなどの悩みには、共通の原因があると本書。それは、姿勢の悪さだ。

 猫背で背中が丸まっていると、体内では肺の働きが妨げられ、さらには胃が押しつぶされて骨盤も歪む。そして、背骨の中を通る神経も圧迫されて、全身にあらゆる不調をもたらすという。

 もしも原因不明の体調不良があるなら、まずは姿勢の改善を行ってみよう。朝目覚めたら、立ち上がって両手をかもいなどにかけ、背筋を弓のようにしならせるイメージで体を伸ばす。仕事中には座ったままで背筋を伸ばし、下げた両手のひらを外側に向けながら肩甲骨を寄せると姿勢がよくなる。背筋が伸びることで、気分もスッキリするはずだ。

(KADOKAWA 550円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る