「日本の地震地図」岡田義光著

公開日: 更新日:

 甚大な被害をもたらした東日本大震災から3年が過ぎ、あの日のことを忘れ始めている人もいるのではないだろうか。しかし、今世紀中の発生が確実視される南海トラフ巨大地震をはじめ、日本は常に地震の脅威と隣り合わせの状況だ。

 岡田義光著「日本の地震地図」(東京書籍 1700円)には、最新の調査データをもとに各地で起こる地震の仕組みや被害想定がまとめられている。

 東海から四国にかけての太平洋側沖合100~200キロの海底に位置する、溝状の地形である南海トラフ。100~200年間隔で東海地震や南海地震などの巨大地震が起きてきたのも、この地形によるものだ。しかし、静岡県駿河湾沖の領域では、1854年以降大きな地震が起きていない。そのため、1976年に、近い将来のM8クラスの巨大地震の危険が警告された。

 ところが、それが起こらないまま40年近くが経過し、高知県足摺岬沖や和歌山県潮岬沖など他の危険領域でも、地形のひずみエネルギーの蓄積が進んだ。これは、次に起こる巨大地震が、南海トラフ全域に連動して起こる可能性を示唆しているという。M8・8と想定されている地震規模も、M9・1にまで跳ね上がると考えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

人気キーワード