日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アトピーに朗報!」入野和生著

 厚生労働省から、医薬部外品として“皮膚水分保持機能の改善”を承認された「ライスパワーエキス」。アトピー性皮膚炎の予防効果も確認された画期的なこの素材を生み出したのは、香川県にある造り酒屋「勇心酒造」の社長、徳山孝氏だ。

 長年日本酒造りに携わり原料である米に触れてきた祖母の肌が若々しかったことから、“米には肌をきれいにする有効成分があるに違いない”と考えたのがきっかけだという。以降、40年にわたり研究を続けた結果、肌細胞の活性作用を認める「ライスパワーエキス」が誕生した。

 本書では、肌に塗った後7日で皮膚表面構造が改善されるなどのデータも掲載しながら、潰瘍予防や二日酔い防止など、米の持つ可能性にも迫っていく。

(小学館 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事