「オペラ座の美女」 鯨統一郎著

公開日:  更新日:

 金曜日、バー「森へ抜ける道」で、いつものようにアルバイトのいるかも加わり、マスターと常連の山内、工藤が昔話に花を咲かせていると女子大生の東子が来店。東子は、4人が話題にしていた自衛官の保瀬が起こした殺人事件に興味を示す。ダンサーのケイを殺害した保瀬の動機が分からないからだ。

 婚約者の美加から逃げた保瀬は、後にケイと恋仲になるが、ケイは一方でバンドのボーカル、尚樹とも付き合っていたという。オペラ通のいるかによると、保瀬の事件はあの「カルメン」のストーリーに似ているという。(カルメンと殴殺)

 名作オペラをヒントに難事件に挑む人気バー・ミステリー最新刊。(光文社 1400円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る