「35歳のチェックリスト」齋藤孝著

公開日:  更新日:

 古人いわく「三十にして立つ」。いまどきのアラサー、アラフォー世代には耳の痛い話だろうが、確かに30代は自信もつき、体力気力も充実。何かを始めるのには最適だ。ビートたけしも「半沢直樹」の原作者も30代にブレークしたのだ。ついでながら「テルマエ・ロマエ」の女性漫画家は35歳で14歳下の彼と結婚。というわけで35歳を「心の棚卸し」と位置付ける著者はテレビでおなじみの教育学者。転職・独立・起業も35歳ならOK。企業人なら引く手あまたであちこちのプロジェクトから呼ばれたいところでもある。ちなみに著者は今年で54歳のはず。

(光文社 740円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る